大正イマジュリィ学会第46回研究会のお知らせ

第一部

  • 日時:2019年8月3日(土)13:00~17:30
  • 場所:京都精華大学 黎明館L002教室

テーマ:大正イマジュリィ研究とデジタル・アーカイヴ

趣旨:戦前期日本の大衆的図像についての研究者やコレクター、アーカイブズ関係者が集まり、データベースやアーカイヴ(ズ)に関する基礎的な共通理解を深め、研究に活用していくにはどのような仕方があるのか、などを考える。

【内容】


【共催】広告レトリック研究会(科学研究費助成事業[基盤研究C]研究代表者・岸文和)
国際日本文化研究センター機関拠点型基幹研究プロジェクト
「大衆文化の通時的・国際的研究による新しい日本像の創出」

第二部

  • 日時」2019年8月4日(日)13:00~17:30
  • 場所:同志社大学 寒梅館6階 大会議室

戦間期東アジアにおける大衆的図像の視覚文化論」国際シンポジウム総括公開円卓会議

  • テーマ「戦間期東アジアにおける大衆的図像の視覚文化論」国際シンポジウム総括

趣旨:大正イマジュリィ学会はこれまで、上記の機関・組織と連携して、合計9回の国際シンポジウムを開催してきた。そこで、第46回研究会において、円卓会議(ラウンドテーブル・ディスカッション)をオープン開催し、総括を行いたい。

話題提供者(五十音順/*は未確定)


【共催】 広告レトリック研究会(科学研究費助成事業[基盤研究C]研究代表者・岸文和)
国際日本文化研究センター機関拠点型基幹研究プロジェクト
「大衆文化の通時的・国際的研究による新しい日本像の創出」
【後援】 一般社団法人美術フォーラム21

企画展「イメージコレクター・杉浦非水展」のお知らせ。

東京国立近代美術館より以下の案内をいただきました。

「当館の非水作品の大部分を一堂に展示するのは19年ぶりとなります。
そのほか、非水のスクラップブックや旧蔵本、非水が撮影した16ミリフィルムの
デジタル化も行い、これらの資料類を初公開しています。
とくにフィルムは、交流の会った藤田嗣治とリュシー・バトゥ、
光風会の会員なども映っており、昭和初期の非水と翠子夫人の周辺や
時代背景を考える上でもとても興味深い資料となっております。

4月7日まで前期展示、作品を大幅に入れ替えまして
4月10日から5月26日まで後期展示となります。」

イメージコレクター・杉浦非水展

開催概要

日本のグラフィックデザインの創成期に、重要な役割を果たした図案家の杉浦非水。当館ではご遺族から一括寄贈された非水のポスター、絵はがき、原画など700点以上を収蔵しています。本展では三越のためのポスターや、数多く手がけた表紙デザインの仕事、原画やスケッチなど、19年ぶりに当館の非水コレクションを一堂に展示します。
さらに今回は、非水が手元に残した海外の雑誌やスクラップブック、16mmフィルムなど、貴重な旧蔵資料も初公開します。図案の創作にいたるまでの「イメージの収集家」としての側面に焦点をあて、杉浦非水の活動を改めて紹介します。

f:id:taisho-imagery:20190406233519j:plain
f:id:taisho-imagery:20190406233658j:plain

大正イマジュリィ学会第16回全国大会のお知らせ

3月23日

第9回国際シンポジウム/第1部(13:00〜)
  • 趣旨説明
  • 「朝鮮の近代広告に見る漫画的要素」
    • 河鍾元(Ha Jong-won: 鮮文大学校メディアコミュニケーション学科教授)
  • 「1930年代朝鮮の雜誌『新家庭』に見る広告」
  • 「 (未定) 」(2019年2月12日現在)
    • 張磊(同済大学上海国際設計創新学部準教授)

-「1920年-30年代の麦酒広告に関する考察(仮)」


共催:広告レトリック研究会(科学研究費助成事業[基盤研究C]研究代表者・岸文和)
国際日本文化研究センター機関拠点型基幹研究プロジェクト「大衆文化の通時的・国際的研究による新しい日本像の創出」
後援:一般社団法人美術フォーラム21

3月24日

大正イマジュリィ学会第45回研究会(11:00〜)
  • 恩地孝四郎の抽象版画とルドンによる影響―1910年代および1930年代の作品をめぐって―」
    • 岩間美佳(神戸大学国際文化学研究科グローバル文化専攻芸術文化論コース博士課程後期課程)
  • 「聖なるものの表象としての仏教版画:コレクションの視点から」
第9回国際シンポジウム/第2部(13:30〜)
  • 「建築系雑誌の広告図像──技術の普及にあたって」
  • パネルディスカッション
    • 発表者9名
資料検討会(15:45〜)

企画展「モダン都市大阪の記憶 MEMORY OF MODERN CITY OSAKA」のお知らせ

開催概要

  • 会期:平成31年3月2日(土)~4月7日(日)
  • 会期中の休館日:毎週火曜日
    • 開館時間:午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
  • 会場:大阪くらしの今昔館 8階 企画展示室
    • 住所:大阪市北区天神橋6-4-20
    • 電話:06-6242-1170
    • FAX:06-6354-8601
  • 入場料
    • 300円(企画展のみ)
    • 常設展+企画展:800円 (団体700円)  
    • 高校・大学生:500円(団体400円)
  • 主催:大阪くらしの今昔館(大阪市立住まいのミュージアム

開催主旨

今も昔も、大阪は魅惑的なビジュアルに満ちています。美しくパッケージされた商品、目を引く広告パンフレット、凝ったディスプレイ、豪華な百貨店建築、橋や道路、地下鉄などの都市基盤も含め、それらは形態、形象、記号の宝庫であり、当時のグラフィックからは華やかな時代の息吹が感じられます。
本展では、橋爪節也氏のコレクションを中心に、明治~昭和期の絵画・チラシ・ポスター・雑誌などを紹介し、往時の写真とともに近代大阪を振り返ります。百貨店、劇場、花街、交通など、さまざまな見所を持つモダン大阪を、グラフィックをたよりにそぞろ歩いてみませんか。

イベント

(1)講演会「趣味人と大大阪

  • 講師:橋爪節也氏(大阪大学教授)
  • 日時:2019年3月10日(日)14:00~15:30(受付13:30より)
  • 会場:住まい情報センター 3階ホール
  • 参加費:無料  
  • 定員:150名(要事前申込、先着順)
  • 会場:大阪市立住まい情報センター3階ホール

(2)ワークショップ「紙のジオラマ 立版古入門」

  • 講師:トニー・コール氏(ペーパークラフト作家)
  • 日時:2019年3月23日(土)13:30~15:30(受付13:15より) 
  • 参加費:500円  
  • 定員:20名(要事前申込、先着順)
  • 会場:大阪市立住まい情報センター3階ホール
    • イベント①②の申込み方法:インターネット(大阪くらしの今昔館HP内、企画展情報から)、又はハガキ・FAXにて。氏名(ふりがな)、年齢、住所、電話番号、参加人数(4名まで、お連れ様の名前も記載)を記入

(3)ギャラリートーク

  • 講師:橋爪節也氏(大阪大学教授)
  • 日時:2019年3月21日(木・祝)14:00~
  • 会場:8階企画展示室

f:id:taisho-imagery:20190224153527j:plain
f:id:taisho-imagery:20190224153529j:plain

大正イマジュリィ学会第44 回研究会のお知らせ

第8回国際シンポジウム「戦間期東アジアにおける大衆的図像の視覚文化論」

日時:2018 年12 月15 日(土)13:00~17:30
場所:同志社大学今出川校地・良心館305 室

プログラム

  • 研究発表2:「日治戦争期間(1918-1939)の商品広告における台湾図像について」
    • 姚村雄(台湾国立高雄師範大学視覚設計系教授・芸術学院院長)
    • 翻訳・通訳 施燕(関西大学博物館学芸員)
  • 研究発表3:「『華文大阪毎日』の広告に関する視覚文化論」
  • 研究発表4:「民国期中国のヴィジュアル・デザインに見る外国作品からの影響」



主催:大正イマジュリィ学会
国際日本文化研究センター機関拠点型基幹研究プロジェクト「大衆文化の通時的・国際的研究
による新しい日本像の創出」
広告レトリック研究会(科学研究費助成事業[基盤研究C]研究代表者・岸文和)
後援:一般社団法人美術フォーラム21

大正イマジュリィ学会第43回研究会のお知らせ

公開シンポジウム:ヴィジュアルから切る”大大阪” アート、博覧会、マスメディア

  • 日時:2018年7月29日(日)13:00〜
  • 場所:大阪区くらしの今昔館

大阪市中央公会堂竣工100周年記念特別展「大大阪モダニズム―片岡安の仕事と都市の文化―」にあわせて、大正から昭和にかけての「大大阪」に関するシンポジウムを開催します。
大正14年(1925)、大阪市は第二次市域拡張で東京市を抜き、日本最大、世界第6位のマンモス都市となり、名市長・關一を先頭に、御堂筋や地下鉄の建設をはじめ文化施設の開設などが進みます。シンポジウムでは「大大阪」をヴィジュアルから切り取ります。
朝日新聞に「大大阪君の顔」を連載した漫画家・岡本一平や、天王寺公園で開催された大大阪記念博覧会、池田遥邨《雨の大阪》など絵画、そしてメディアはいかに「大大阪」を発信するかをとりあげ、街も人もダイナミックな、この時代の大阪についてディスカッションします。

  • パネリスト
      • 橋爪節也大阪大学教授)
      • 古川武志(大阪市史料調査会)
      • 大迫力(「月刊島民」編集・発行人)
      • 東由梨(大阪くらしの今昔館)
    • ディスカッションより参加
      • 谷直樹(大阪くらしの今昔館館長)


大正イマジュリィ学会第15回全国大会のお知らせ

日 時:2018年3月10日(土)、11日(日)参加費:会員なし/非会員は300円が必要
場 所:同志社大学今出川キャンパス良心館305室


3月10日

第7回国際シンポジウム

  • 共催:広告レトリック研究会(科学研究費助成事業[基盤研究C]研究代表者・岸文和
  • 後援:一般社団法人美術フォーラム21
趣旨説明(13:30〜)
研究発表(14:00〜)
  • 「韓国の雑誌『新女性』の表紙デザイン」
  • 「近代的擬似空間への招待 −『朝鮮日報』の連載漫画「ぽん太郎」シリーズ(1924.10~1927.8)の欲望と楽しさ」
    • 河鍾元Ha Jongwon(鮮文大学校メディアコミュニケーション学科教授)
  • 「戦中期中国におけるタバコ広告:日本による「中国タバコ業界に関する調査報告書」を手掛かりに」 
    • 胡平Hu Ping(東南大学芸術学院教授
パネルディスカッション(15:45〜)


3月11日

総会(12:45〜)
第42回研究会(13:30〜)
  • 「ローマ字誌『YOMIGAERI』巻1〜巻4に即して−紹介・問題点少々−」
  • 「東亜は呼ぶ――里見宗次《ORIENT CALLS》ポスターの制作背景」
  • 「同人誌『月映』の死をめぐる表現のかたち−哀悼、病、〈群れ〉−」
    • 橋本真佐子(立命館大学大学院先端総合学術研究科一貫制博士課程)
  • 「キャラメルのグラフィック広告と子ども文化ー森永製菓の童画による広告表現に注目して」